Jungang Market

紹介

中央市場は、大田駅の真向かいに位置しており、列車の旅をする人々が訪れやすく、また様々な観光スポットやグルメを楽しむことができます。慶尚道と全羅道をつなぐ卸売市場の役割を果たしてきたので、市場規模も中部圏最大の伝統市場にふさわしく、30年以上もその場で商売を続けてきたお店がたくさん並んでいます。中央市場内には、テーマ商店街が造成されています。何でも新しいものにすぐ慣れてしまう今の時代、思い出がにじみ出る懐かしい古本屋街や大田の海の役割を担ってきた海産物横丁、過去の伝統的な陶磁器から最新のデザインまで、様々な器類の卸売通り、多彩な種類の光り物の総合集合場所であるアクセサリー通り、最高のコストパフォーマンスを誇るホームインテリア通り、昔懐かしい味が楽しめるグルメスポットなど盛りだくさんです。また、市場が広いだけに、各圏域ごとに駅名で表示し、場所がわかりやすくなっています。伝統市場は、誰もが利用できる公共財であり、地域経済の根幹であり、地域の庶民経済を支える生産の場所です。また、消費者の立場からも、近くにあり便利で安価な商品が多い伝統市場は、生活に欠かせない場所です。

旅行情報

大田中央市場は、中央総合市場、中央商店街市場、自由卸売市場、新中央市場、中央卸売市場など複数の市場が集まっている総合市場

  • Jungang Market image 1
  • Jungang Market image 2
  • Jungang Market image 3

Location

大田広域市東区大田路783